読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナオの暮らしノート

登山のこと、刺繍のこと、暮らしのあれこれ

日本一の紅葉を見に♡涸沢カール&北穂高岳 その②

涸沢カール&北穂高岳の続きです。

山小屋泊の初心者なので、慣れている方にとっては当たり前のことばかりかもしれません。
初心者の記録として書いていきたいと思います。


涸沢カールを知ったきっかけは、ツアー会社のパンフレットを見てから。
設定された日程の約2ヶ月前だったのですが、その年の予約は既に満席でキャンセル待ち状態(涙)
ただ涸沢カールの紅葉が見たい!という気持ちばかりで、ツアー以外の手段も何も調べてなかったので急に対応できず…
来年までに下調べをしようと心に決めて一年間待ち、ついに行くことができました*


ツアーの設定日などを見て一緒に行く仲間と検討した結果、ツアー参加ではなく自分たちで全て手配して行くことに。
バスや山小屋などの予約は早いものだと利用日の2ヶ月前から始まります。
涸沢カールの紅葉は一年を通して一番のハイシーズンと言っている方もいました。
実際予約開始初日は山小屋の電話も繋がりにくく、その人気を実感しましたよ!
個人で行く方もツアーの方も予約検討はお早めに!


ではでは 1日目と2日目の記録です(*^^*)


・10月1日


7時過ぎに新宿発のバスに乗り、12時頃には上高地に着きました。

トイレを済ませ、登山届の提出が終わったら本日の宿泊場所、横尾山荘へ向けて出発です!

f:id:ichigolife:20160502133041j:plain
この日はあいにくの雨です。

f:id:ichigolife:20160502134701j:plain
明神池で少し休憩しました。ガスで何も見えず…
帰りも通るので、帰りはいい景色が拝めるようにと祈りながら出発します。


そのまま川沿いを歩いていくと、3日目に宿泊する徳澤園が見えてきました。
予約する際に荷物を預かってもらえるか確認していたので、最終日に着る洋服や入浴セットなどを置かせてもらいました。
宿泊施設の隣にある、みちくさ食堂でアイスクリームを食べて大満足♡
f:id:ichigolife:20160502142738j:plain

雨に降られてどんよりしていたのですが、少し気が晴れました!
ここからは森の中を抜けていきます。

f:id:ichigolife:20160502141345j:plain
振り返って見た徳澤園。


森を抜けてしばらく行くと横尾山荘に到着!!

山荘の中はすっごく綺麗です!
トイレも何も気になりません。
予約時には大部屋と言われていたのですが、2段ベッドのお部屋に泊まることができました**
ラッキー(*´∀`)♪
ベッドは、身長155㎝の私には十分過ぎる広さ!!
足元に荷物を並べても全然余裕で足を伸ばせて、ゆったり眠ることができました!

f:id:ichigolife:20160502210128j:plain
二段ベッドの様子。

夜ご飯と翌朝ご飯はこちら♡
山小屋のご飯ってこんなに美味しいんですね。
感動の美味しさでした!

f:id:ichigolife:20160502210516j:plain
夜ごはん
f:id:ichigolife:20160502210500j:plain
朝ごはん


横尾山荘はお風呂に入ることができます。
※石鹸は使えません。
翌日泊まる涸沢小屋はお風呂に入れないので、汗を流すだけですがここでの入浴は必須ですね!
シャワーの洗い場と、一度にMax10人くらい入れそうな湯船がありました。


電波状況ですが、横尾山荘ではdocomoは電波入りましたよ!
auとY!モバイル(SoftBank)はだめでした…

唯一電波の入るdocomoを駆使し、翌日の天気予報を確認してました。
この日は夜になるにつれてどんどん天候が悪化し、寝ている間も風と雨の音がものすごかったです。
天気情報によっては予定を変更することも検討していたのですが、明け方確認したところ、奇跡的に天候回復の兆しが!!
予定より早めに出発することにしました。



・10月2日

美味しい朝ごはんをいただき準備万端で外に出ると、虹がでていましたー!
f:id:ichigolife:20160502211326j:plain

前の日に作ったてるてる坊主のおかげかな♪♪
f:id:ichigolife:20160502211052j:plainf:id:ichigolife:20160502211559j:plain

横尾大橋を渡って登山開始です!
f:id:ichigolife:20160502211237j:plain


まずは新村橋を目指して歩いていきます。
途中、倒木で道が塞がれているところが2箇所ほどありました。
木の表面が割けているところも!
昨日の暴風雨の激しさを物語ってますね…
f:id:ichigolife:20160502213640j:plain

新村橋の周りでは、これから登る人、下りてきた人、みなさん休憩してました。
下りてきたツアー同行のガイドさんに天気の様子を聞くと、上はもう雨はやんでるとのこと。
リアルタイムで情報が知れてありがたかったです。
f:id:ichigolife:20160502213652j:plain

ここからはひたすらカールを目指して、岩がゴツゴツした道を歩くのみ!!
途中ちらほら紅葉している木々を見て期待が膨らみます♪♪♪
f:id:ichigolife:20160502214340j:plainf:id:ichigolife:20160502185023j:plain

ついに見えてきました!!
f:id:ichigolife:20160502185010j:plain

まずは荷物を置きに、涸沢小屋で受付を済ませます。
受付では、今日は混んでいるので、1枚の布団で2人寝てもらいます。と言われました。
山小屋初心者の私はまだその状況がイメージできておらず…混んでるとそんなものなのかな~と軽く思っていたら!とんでもない!
一応女性部屋になっていてたのですが、6畳ほどの部屋に大人12人が寝るのは初心者にとって結構衝撃でした。。
その翌日は更に混雑して、1枚の布団に3人だったそうです!張り紙がしてありました…
一体どうやって寝るのか?!まだまだ未知の世界があります。


そんなことにはまだ気がつく前、涸沢ヒュッテで遅めのお昼ご飯です♡
メンバーのおすすめ、おでん🍢は絶対!ビールも絶対!
f:id:ichigolife:20160502184936j:plainf:id:ichigolife:20160502185000j:plain

食事ができるデッキがあって、景色を見ながらほっこりしました~。
決められたスペースでバーナーが使えるので、お湯を沸かすこともできます。
青空に紅葉が映えて最高♡♡♡
一時はどうなることかと思いましたが、本当に来られて良かった♡♡

てるてる坊主ありがとう♡♡
f:id:ichigolife:20160501150035j:plainf:id:ichigolife:20160502184925j:plain

その後せっかくなので涸沢小屋の周りを散策してみました。
f:id:ichigolife:20160502215437j:plainf:id:ichigolife:20160502215554j:plain


涸沢小屋の夜ご飯と翌朝ご飯はこちら!
翌日は夜明け前から北穂高岳へ出発する予定だったので、お弁当にしてもらいました。
夜ご飯のシチュー、体が温まって美味しかったです。
f:id:ichigolife:20160502215421j:plainf:id:ichigolife:20160502215533j:plain
お弁当横のお味噌汁は自前です。

翌日もいいお天気に恵まれ、北穂高岳へ登ることができました。

3日目と4日目の詳細は次の記事で書きたいと思います。

長々読んでいただきありがとうございました。



にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村